<
 
 
 
 
×
>
hide You are viewing an archived web page, collected at the request of Greenpeace International using Archive-It. This page was captured on 04:40:15 Feb 28, 2020, and is part of the Greenpeace Archive collection. The information on this web page may be out of date. See All versions of this archived page. Loading media information

自然エネルギー革命シナリオ - 2012年、すべての原発停止で日本がよみがえる

記事 - 2011-09-12
2012年にすべての原発を稼働停止しても、電力不足に困ることもなく、温室効果ガスの削減目標も達成できる方法があります。


『自然エネルギー革命シナリオ - 2012年、すべての原発停止で日本がよみがえる』は、2012年春までに、日本国内のすべての原子力発電所の稼働停止を想定し、原発にも化石燃料にも頼らない、未来へのエネルギー政策の道筋(シナリオ)を、具体的データに基づいて作成したレポートです。

決して簡単な方法とは言えませんが、この挑戦は、原発に頼らないエネルギー政策を実現させ、日本の環境技術を世界トップレベルへ導き、日本経済の復興にもつながります。

このレポートには、次のような具体的データが示されています。

  • 2012年にすべての原発を稼働停止しても、必要な電力がまかなえること
  • 自然エネルギー・省エネ技術の拡大による経済効果・大幅な雇用増大のメリットがあること
  • 2020年に、自然エネルギー発電で電力の43%をまかなえること
  • 2020年までに、温室効果ガスの25%削減目標を達成できること
    (1990年比:自然エネルギー革命シナリオでは、すべての原発を2012年に停止しても、1990年比で24%のCO2を国内で削減できます。残りを森林吸収や京都メカニズムを利用することで、25%削減の目標を達成することができます。)

ぜひ、自然エネルギー革命シナリオ実現のために、このレポートをご覧いただき、周りの方にも広めてくださいませんか?
レポートのダウンロードはこちらから>>

トピックス