<
 
 
 
 
×
>
hide You are viewing an archived web page, collected at the request of Greenpeace International using Archive-It. This page was captured on 10:00:19 Apr 01, 2020, and is part of the Greenpeace Archive collection. The information on this web page may be out of date. See All versions of this archived page. Loading media information

1,500人が参加 エネルギーシフトパレード

記事 - 2011-06-13
6.11 脱原発100万人アクション バイバイげんぱつ 自然エネルギーの未来へ 1,500人がパレード

2011年6月11日(土)
エネルギーシフトパレード(エネパレ)
グリーンピース・インターナショナル事務局長 クミ・ナイドゥが来日し、みなさんと一緒にパレードしました!


©Greenpeace/Chiaki Oshima

東日本大震災から3か月目の6月11日、地震発生時刻の14:46に参加者全員で黙とうをささげた後、自然エネルギーへのシフトを求めて、代々木公園からパレードが出発しました。

パレード前に行われたオープニングスピーチで、呼びかけ人の一人である羽仁カンタ(FLAT SPACE代表)は、「3カ月がたった今も、原発は予断を許さない状況が続いています。
パレードを行うことで市民がそれぞれの気持ちを表現する場をつくり、自然エネルギーへのシフトをみんなで実現したいです」とパレードの趣旨を説明し、参加者に呼びかけました。


©Greenpeace/Chiaki Oshima

また、来日中のクミ・ナイドゥ(グリーンピース・インターナショナル事務局長)もオープニングスピーチで「福島を先日訪れて地元の人々にお会いし、厳しい現実を目の当たりにしました。
世界では、ドイツやスイスが脱原発を決定しました。
原子力は、危険で、コストが高いうえに、気候変動の解決策にもなりません。
自然エネルギーは、日本にも豊富にあり、子どもたちを被ばくさせることもなく、原子力の何倍も雇用を生み出します。エネルギー政策のシフトを実現する時は、今しかありません」と自然エネルギーへのシフトを訴えました。

ご参加、ご支援いただいたみなさま、ありがとうございました。

エネルギーシフトパレード賛同人: 坂本龍一、小林武史、河野太郎、加藤登紀子、C.W.ニコル、飯田哲也、田中優、辻信一、湯川れい子(順不同、敬称略)

エネルギーシフトパレード呼びかけ人: 羽仁カンタ(FLAT SPACE)、南兵衛@鈴木幸一(アースガーデン)、佐藤潤一(グリーンピース・ジャパン)


©Greenpeace/Chiaki Oshima

第3回エネルギーシフトパレードは、「6.11脱原発100万人アクション・東京」の一環として、下記の共通メッセージに賛同しています

共通メッセージ

  1. 原発を止める、止めたものは動かさない、新しく作らない。
  2. 子どもたちを被ばくから守るために、あらゆる措置をとる。
  3. 自然エネルギーを主流にしたエネルギーシフトを実現する。

参加したスタッフのブログはこちらです >>

2011年4月24日に行われたエネルギーシフトパレードの様子はこちら >>

トピックス